大変な作業が多いB工事はサポートを受けて取り組もう

業者を利用してB工事におけるマネジメントを任せるのが便利!

B工事について知ろう

新しくオフィスを構える際に内装工事をしていくと思いますが、その際に「B工事」という言葉が頻繁に出てくるでしょう。賃借人がお金を払って、オーナーが指定した施工業者が工事をしていくことをB工事と呼んでいます。電気や照明、空調、防災など設備に関する工事をB工事で行っていくことが多いです。新しくオフィスを作りたいなら、このB工事について把握しておくことが重要ですよ。

B工事の注意したい4つのポイント

費用を確認しておこう

上記にも記載されていますが、B工事は入居者が費用を負担して工事をしていきます。また、工事を施工する業者は自分で選べないので注意が必要です。

相見積もりが出来ない

ビルのオーナーが工事をする業者を決めてしまうので、B工事では基本的に相見積もりなどは出来ないと考えておいた方が良いでしょう。

所有権はオーナーになる

注意しておきたいポイントの1つに所有権があります。B工事で設備に関する工事を実施したとしても、すべての所有権はビルを所持するオーナーとなってしまいます。

双方の合意を得ること

B工事を実施する場合、あとからトラブルが発生しないように入居者とオーナーでしっかりと話し合い、双方の合意を得ることが大切です。満足に話をしていない場合は気を付けましょう。

大変な作業が多いB工事はサポートを受けて取り組もう

男女

トラブルを避けるために…

新しくオフィスやテナントを借りる場合は、内装工事や設備に関する工事をB工事で行うことが多いです。B工事は上記で紹介しているような注意点がいくつかあるので、知識なく話を進めてしまうと予期せぬトラブルが発生してしまうことがあります。そのようなことを避けるためにも、B工事をマネジメントしてくれる業者を利用するのが良いでしょう。

マネジメント業者を利用しよう

業者に依頼することでビルオーナーの方や工事を施工する会社に対してコスト交渉などを行ってくれるでしょう。その他にもスケジュール交渉なども実施してくれます。コストを削減してB工事を行いたい方は、マネジメントを業者に依頼するのがおすすめです。

アフターフォローも安心

業者を利用することによって、B工事が完了した後も様々なサポートを受けることが出来ます。内装設備の点検やレイアウト変更、改修工事の見積もりと価格交渉など頼りになるアフターフォローが充実しています。上手くオフィス運用をしていくためには、業者を利用していきましょう。